薄毛や抜け毛の原因となるダメージを頭皮に与えないように!

 

薄毛や抜け毛のトラブルは、頭皮が受けるダメージが原因になっている場合がよくあるので、十分に注意しなければなりません。

例えば、過度なカラーリングやパーマ、過剰なスタイリングなどは、頭皮にダメージを与える原因になります。

美容師に任せるとダメージなどに対するケアを配慮して、できるだけ最小限に抑えられるようにしてくれますが、自宅でのホームカラーやストレートパーマなどは、自分で薬剤を使うことが多いので注意が必要になります。

自宅でのカラーリングが、頭皮にダメージを与えて薄毛になったり、多量の抜け毛が発生する原因になっているのは事実なので、自分で行うカラーリングやストレートパーマなどは、それなりのリスクを伴うことを頭に入れておかなくてはなりません。

また、ストレートパーマの液を塗布する場合、頭皮につかないように注意しないと、薬剤で頭皮がかぶれてしまうことがあります。

さらに、乾燥による頭皮環境のトラブルにも注意が必要です。

頭皮は年齢を重ねるにつれ皮脂量が減るので、過剰に頭皮の皮脂を洗い流すような洗髪をしたり、自分の肌に合わないような相性の悪いシャンプー剤を使うと乾燥が進みます。

古い角質がめくれてカサカサの状態になると、皮膚炎を発症してしまう恐れがあり、さらに、毛穴を塞いでしまう恐れがあります。

また、余分な皮脂や汚れが溜まって不衛生な状態は、毛穴を塞いで抜け毛の原因になるので清潔な頭皮環境を保つようにしなければなりません。

ですが、洗髪を朝と夜、1日2回行っている人も要注意で、必要な皮脂を落とし過ぎないようにして下さい。

そして、カラーリングやパーマなど以上に大きなダメージを与えるのが紫外線です。

シミやシワなどに気を使う女性は、しっかりと紫外線対策を行っているようですが、なかなか頭皮まで紫外線のダメージを意識している人は少ないようです。

しかし、頭皮の肌が紫外線を浴び続けると乾燥を促して薄毛や抜け毛の原因を作ることになってしまい、さらに、紫外線が毛根の奥まで入り込むと、髪の毛の成長に関わっている毛母細胞や毛乳頭の働きを低下させてしまいます。

どうしても曇りの日や冬の時期は紫外線が弱いという思いから、つい、無防備になりがちですが、紫外線は雲があっても、それを通過し、冬の時期も地上に届いて1年中、降り注いでいます。

外出する時は、帽子をかぶったり、日傘を使うようにしましょう。

また、紫外線のA波は、ガラスも通過するので室内にいたとしても安心できません。

常に、紫外線を意識して紫外線から頭皮を守り、頭皮にダメージを与えないヘアケアを心掛けましょう。