大人ニキビが発生する原因は

 

大人になって、ある時から急にニキビができるようになってしまった経験はありませんか?

皮脂の過剰分泌が主な原因である十代の頃の思春期ニキビとは異なり、大人ニキビは原因も複雑であることがあります。

人間関係や仕事のストレスや、女性の場合はホルモンバランスの乱れ、また忙しい毎日の中で十分な睡眠時間を確保できていなかったり、残業してコンビニ弁当を食べ続けたり、付き合いで外食が増えてしまったり、栄養バランスのとれた食生活を送れていないことも大人ニキビの原因となります。

特に日々の食生活に野菜や果物が不足すると、食物繊維不足となり、便秘を引き起こします。

便秘になると老廃物が体に溜まり、それがお肌にニキビとして現れることもあります。

またデスクワークが多い人は、一日中同じ姿勢でデスクに座ってパソコンと向き合っているため、運動不足になりがちです。

運動不足になるということは、血流が悪くなったり、汗をかくことがないため、新陳代謝の低下を招きます。

新陳代謝が低下すること、すなわちお肌のターンオーバーも乱れ、古い角質がお肌に残ったままになったり、皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなってしまいます。

このように大人ニキビが発生する原因は様々です。

改善するには、あらゆる角度から原因を突き止め、生活習慣や食生活そのものを見直す必要があります。

最低でも6時間の睡眠を確保し、早寝早起き、脂肪分や糖分を控えめとしたバランスの良い食生活で3食しっかり食べること、スナック菓子やチョコレートをはじめとした高カロリーな甘いお菓子の間食をやめること、適度な運動をすること、これが理想ですが、生活習慣や食生活を改善したくても、仕事が忙しくてそんな時間や余裕がないという方もいるでしょう。

そのような人はできる範囲で少しづつ取り組むようしましょう。

例えば、間食をするのであればナッツ類やドライフルーツ、果物など健康的なものにする、運動する時間がなければ、日頃から階段を使ったり、一駅歩くようにする、外食が多ければサラダなど一品野菜を必ず摂るようにするなど、体に良いことをできることからはじめてみましょう。

ちょっとした心がけでお肌のコンディションも少しずつ改善されます。