シミは紫外線を浴びることであらわれる!

 

40歳を過ぎた頃になると、ある日、突然と茶色っぽいシミがあらわれることがあります。

女性にとってシミは、見た目から肌にないほうが好ましいものなので、見つけた時はかなりのショックを受け、なんとかシミを消そうと必死になるのではないでしょうか。

そんなシミ対策は、まず、どのような原因から発生して、どのタイプになるかを確認する必要があります。

一口にシミと言っても、さまざまな種類のタイプがありますが、ある年齢になって、突然としてあらわれるようなシミは、紫外線を浴びることであらわれる「老人性色素班」というタイプのシミになります。

一般的にシミと言えば、この「老人性色素班」のことで、日光性黒字とも呼ばれています。

紫外線はシミの原因になるということはよく知られていると思いますが、肌の表面に位置する表皮という部分の一番下にある基底層には、メラノサイトと言われる色素細胞があります。

表皮が紫外線を浴びると、メラノサイトに信号が送られて細胞内でチロシナーゼという酵素が活発に働き始めてメラニンという色素が作られます。

紫外線を浴びてできるこのメラニンという色素が茶色っぽいシミを作るもとになるわけです。

ですが、本来、メラニンは、紫外線を吸収して肌への影響を抑えるというUVカット剤という大切な役割を担っています。

通常、紫外線を浴びて基底層で作られたメラニンは、ターンオーバーとともに少しずつ押し上げられ、角質層にたどり着くとアカとなって排出され、シミとして残ることはありません。

しかし、紫外線を浴び続けて肌を守ろうと過剰にメラニンが生成されてしまうと、ターンオーバでは排出できなくなり、残ったメラニンが色素沈着を起こしてシミとしてあらわれます。

しかし、ある日、突然としてあらわれたように感じるシミは、その前日に紫外線をたっぷりと浴びたために発生したのではなく、若い頃から浴び続けた紫外線が蓄積して、ある一定量に到達した時にシミとしてあらわれるものです。

こうしたシミを予防するには、やはり、しっかりと紫外線対策することが必要です。

できてしまったシミの対策として、美白化粧品でお手入れすれば良いと思っている女性は多いと思いますが、一般的に美白化粧品は、肌全体を真っ白にしてシミを消してくれるものではありません。

メラニンを生成する過程を、どこかで抑えるのが美白化粧品の役割になります。

ですので、美白化粧品(サエル)はシミの予防として、毎日、しっかりとケアすることが大切です。