食事制限だけによるダイエット法は痩せられないだけではない・・・

「痩せたい・・・」と思いダイエットを始めようと考えたときに、とりあえず、手っとり早く始められる方法として食事制限によるダイエットを始め、さらに、短期間で効果を出したくて、大幅に食事量を減らしてしまうという方が結構いらっしゃいます。

また、ダイエット=辛い食事制限、と思い込んでいる方も少なくないようです。

確かに、朝食や昼食を抜いて1日1食や2食だけの食スタイルなどのように、大幅に食事量を減らして過ごせば、数週間で体重はかなり落ちます。

しかし、ある日から体重は落ちなくなってしまいます。

これは、体が少ない摂取エネルギーを感知して、飢餓対策の省エネモードになってしまうためです。

そもそも大幅に食事量を減らした無理な食生活は長く続くわけがありません。

辛いことを我慢する生活は続かないで痩せられないどころか、ストレスが溜まり、その反動でドカ食いをしたり、食べ過ぎの食事を続けることになり、結局はリバウンドであっという間に、元の体重以上に激太りするという悲しい結果になってしまいます。

さらに、とても致命的といわれる重要な点があります。

本来、ダイエットで減らすべきなのは、体に溜まった余分な脂肪なのですが、食事制限だけで落ちた分の中身は、脂肪より筋肉のほうが多く占めることになります。

人の体は筋肉量が減少してしまうと、基礎代謝量も低下します。

筋肉量と基礎代謝量は正比例関係にありますので、筋肉量が減ると基礎代謝量も減り、1日あたりの総消費エネルギー量が低下し、食事制限する前の普通の食事量に戻しても、食べ過ぎの状態になってしまいます。

基礎代謝量の低下によって消費の少ない太りやすい体になり、それに加え、摂取オーバーということが太る原因で、これは、リバウンドの原理です。

そして、リバウンドで元に戻った体重の中身は全て脂肪です。

たとえ、無理な食事制限を続けられたとしても、一生続けなければ体重は維持できませんし、場合によっては、無理な食事制限を続けても、省エネモードになっている体は、エネルギーを蓄えようとする反応で体重が増えてしまうこともあります。

食事で摂取する糖質は1グラムあたり約4キロカロリーで、脂肪は1グラムあたり約7キロカロリーに相当します。

ですので、人の体は糖質より、効率よく蓄えられる脂肪を溜め込むようにできているのです。

このように、無理な食事制限によるダイエットは手軽に始められるかもしれませんが、痩せられないだけでなく、最悪は体調を崩して病気にかかったり、また、肌が荒れ、髪が薄くなったりと美容にまで悪影響を及ぼすことになります。

大澤美樹

痩せるためには、ある程度の食事制限とコントロールが必要ですが、体に必要な栄養はバランスよく摂取して、体に負担のないように小幅な食事制限で行いましょう。

食事制限する場合は、1日約150~200キロカロリー減くらいまでに抑えるのが体に負担もなく、続けやすい数値です。